www.ksaas.jp

システムの延命をしたい

現在、アプリケーション資産はハードウェア資産よりも長く使われる傾向が強くなっています。そのためハードウェア更新とアプリケーション更新のタイミングが合わず、思わぬ費用(アプリケーションの改修など)が発生するケースが発生しています。

仮想化による延命とは

K’sのOSCでご提供するクラウドサービスをベースとしたソリューションです。現在ご利用中のシステムをハードとアプリケーションに分離し、それぞれを最適な状態で運用するサービスです。

仮想化による延命のポイント

こんな場合に最適な仮想化による延命ソリューション

  • ハードウェアの老朽化を起因とするシステム投資を抑えたい。
  • 老朽化したサーバの資産を最新ハードで運用し信頼性を向上させたい。
  • システムの改修までは必要としていないが残しておきたい環境がある。
  • 次期システムの検討期間や、システム投資のタイミングまでの時間を創出したい。
  • アプリケーションを開発した既存ベンダーに依存せず、もっと自由にシステム環境を構築したい。