www.ksaas.jp

サーバーの集約を考えたい

ハードの低価格化に伴いサーバの導入は比較的簡単に導入できるようになりました。しかし、サーバの乱立により運用の手間は増加し、保守サポート料を積み重ねてみると高額な費用が発生しているケースがあります。
また、ハードは高性能化しているため資源が余っている事例も散見されます。

これからのサーバ運用にもとめられるポイント

システムの集約で実現できるポイント

  • 複数サーバを集約した後、運用は仮想コンソールで集中管理
  • サーバ資源を適所に割り振り、無駄を省いたリソース運用
  • 急にサーバが必要になっても仮想サーバを作るだけ(ハードは不要)
    また、既存サーバからコピーすれば短時間で構築できる柔軟な運用
  • 物理ハードの集約で電気代(空調費含む)、保守料、スペースを削減
  • 万一の時も仮想データがあれば、当社クラウドサービス※リンク上に仮想サーバを立ち上げることができる。
    ※インターネット回線、VPN構築などあらかじめ準備が必要になります