www.ksaas.jp

株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク様の導入事例

SaaS型サービスの提供基盤として

株式会社サテライトコミュニケーションズネットワーク様(以下、SCN様)は、主にケーブルテレビ局に対する緊急情報配信システムをサービス化し主な事業としておられます。弊社の仮想ホスティングサービスを利用することで、初期投資を抑えてスモールスタートを切ることが可能となり、事業の伸張に合わせオンデマンドで増強できる環境を整えて頂くことができました。

種別 IaaS
データセンター種別 仮想サーバホスティングサービス
選定理由 SEサポートを受けれる高信頼のデータセンター

株式会社SCN 取締役部長 高橋 氏

「決め手はインフラとネットワークの高信頼性です。セキュリティに関する注目の高い昨今、顧客はデータを外部に置くことに慎重です。その点、㈱ケイズの強固なデータセンターであれば不安が払拭されます。また専用のネットワークで高セキュリティが確保されている点でも安心できました」

課題と効果

データを外部で保存することに慎重な顧客を高い安心感で納得させたい

情報漏洩、対災害において盤石なケイズアウトソーシングセンターで顧客の心配を払拭

インターネット接続に伴うセキュリティ面の不安と機器設定の負荷を軽減したい

ワンストップで提供されるセキュアで安定した仮想ホスティングサービスを利用。高セキュリティを確保し、設定・運用の負荷もゼロに

初期投資はできる限り抑え、なおかつ事業伸張時には素早くサーバリソースを増強したい

IaaS上にシステムを構築することでスモールスタート、オンデマンドでスピーディにリソース増強が可能

導入の背景

クラウド構築でシステムをシェアしコストメリットを得る

クラウド上に構築した各種サービスを、多数の顧客が共有するメリットは、まずサーバなどICT設備を「保有から利用」へとシフトすることによるコスト低減です。さらに顧客が増えるにつれ、運用上のコストメリットも出て来ます。「緊急情報の伝達にはには共通の仕組みが少なくありません。それらの運用データをクラウド上に集約すれば、たとえばまとめて設備を調達し更新のコストを下げる、あるいは複数の顧客で設備のメンテナンス時期を最適化し、コスト低減を図るなども可能です」(高橋氏)。

データセンターとネットワークの高セキュリティ性を高く評価

同社は、緊急情報配信に関わる様々のコンテンツサービスを、IaaS型クラウド環境とWeb環境を利用し、低価格・高信頼かつ利便性の高い基盤構築を目指しました。IaaS型の場合、サーバの増強、ネットワークの構築・保守など、ハードウェアやネットワークインフラに精通した技術者を抱えなくて良いといったメリットがあります。2012年初めより、クラウドシステムの選定作業に取りかかった同社は、「コストパフォーマンス」という安易な選択を排するため、「技術力」「コスト」、そして「これからのビジネス協調の可能性」の3つのポイントで評価の客観性を担保しました。そして2012年5月、最終的に絞られたデータセンター2社から、ケイズの仮想ホスティングサービスを選択。その理由について高橋氏はこう述べています。「3つのポイントで最高の評価でしたが、決め手はインフラとネットワークの信頼性の高さです。顧客はデータを外部に置くことにきわめて慎重で不安を抱いています。その点、ケイズの強固なデータセンターであれば不安を払拭していただけると確信しました。また専用のネットワークで高セキュリティが確保されている点でも安心できました」。

クラウド上で運用スタートした3つのコンテンツサービス

現在、構築されたコミネットサービス上では、次の3つのコンテンツサービスが提供されています。

広域監視サービス

従来、電話回線を使って行われていた各地の災害状況や、気象データをインターネット経由で収集。収集データをデータベース化し、分かりやすく加工し抽出する。

アセットマネジメントサービス

気象情報提供サービス事業者が保有している各種さまざまな情報・被害想定・復旧想定、保守情報などの各種情報をデータセンターで一元管理し、資産管理の最適化を図る。多くのデータを蓄積すればシミュレーションすることも可能。

遠隔支援サービス

災害復旧支援の各分野に必要な情報を伝達し、またテレビ会議システムなどを活用し遠隔地から現場作業員の判断や業務を支援する。

高橋氏は、これらSaaS型サービスをIaaS環境で構築・展開していくことへの期待をこう語ります。
「今までは大規模な事業体でしか実現できなかった高度な機能ですが、SaaS型としてご提供することで中規模自治体の皆様にもご利用いただけるわけです。また私どもとしては、初期コストを抑えてスモールスタートし、事業の伸張に合わせオンデマンドでリソースを増強できる点がメリットです。」

2012年11月の運用スタートを直前に、今後、本格的にデータを蓄積していきます。高橋氏は今後の展開についてこう語ります。「東日本大震災を期に、顧客のデータ保全への考え方は、自前サーバへの保存からより安全なクラウドによる保存へと変わっていくと思います。またよりいっそうの省エネルギーを求められる時代に入り、効率的な電力消費コントロールが求められていくと思われます。ケイズさんにはインフラベンダーの域を超え、国内、または海外市場への進出を目指す上で力強いビジネスパートナーになっていただけると期待しています。」
株式会社ケイズはこれからも、SCN様の成長を幅広く支えてまいります。